チッ素・リン酸・カリ

栄養素

野菜のきょうしつ 野菜作りに必要な栄養素
スポンサードリンク
各クラス紹介
野菜の組(収穫別)
   春〜夏  春〜秋
   夏〜秋
   秋〜冬  秋〜春
   冬〜春
 多季収穫  一年中
 小野菜
果樹の組(収穫別)
 春  春〜夏  春〜秋
   夏〜秋
   秋〜冬
   冬〜春
 多季収穫  
ハーブの組(開花期別)
   春〜夏  春〜秋
   夏〜秋
   秋〜春
 冬  冬〜春
 多季開花  一年中
キノコの組(名前別)
 食用キノコ一覧
前準備・情報の組
 服装・道具の準備手入れ
 土の性質を知ろう
 種蒔きや苗選び
 野菜の3大栄養素
 肥料あれこれ
 日頃の手入れ
 園芸用語いろいろ



野菜作りに必要な栄養素
  チッ素・リン酸・カリについて


このページでは、野菜が育つ上で必要な3要素であるチッ素、リン酸、カリについて
紹介しています。


チッ素:記号では”N”で表現され市販の肥料袋などにもこのような表記がされています。
野菜の中でも茎や葉が特に必要とする成分であり葉肥とも呼ばれます。


リン酸:記号では”P”で表現され市販の肥料袋などにもこのような表記がされています。
野菜の中でも実が特に必要とする成分であり実肥とも呼ばれます。


カリ:記号では”K”で表現され市販の肥料袋などにもこのような表記がされています。
野菜の中でも根っこが特に必要とする成分であり根肥とも呼ばれます。


これらの3要素を与え過ぎもよくなく少なくてもダメなので適量、必要な時期に
与えてやるようにします。

例えば元肥として与えるなら3要素をバランスよく含んだものでじっくりゆっくり効くもの
がよく、逆に追肥は、野菜の生長に合わせて不足している成分をすぐに与えたいので
即効性のものがいいです。

化学肥料と有機質肥料について
最近の健康志向の中で無農薬野菜、減農薬野菜などが人気ですが、化学肥料に頼ったほうが
結果としてうまくいくことが多いです。私も有機質肥料で育てたいと思っていますが、
有機質肥料は化学肥料に比べて成分要素の含有量が少なくじっくり効くので大量に
与えなくてはいけません。

それに対して、化学肥料は1要素だけのものや複数の要素をバランスよく配合したもの、
緩効性、即効性など種類が豊富であり大変便利です。家庭栽培なら化学肥料を使ったと
言っても専業農家の方が使うよりは少ないと思いますので・・・。

また、堆肥の入手方法ですが家庭から出る生ゴミを堆肥として利用できるように
生ゴミ処理機の利用もおススメです。

スポンサードリンク




スポンサードリンク
CopyRight(C) 野菜のきょうしつ All Rights Reserved.
当サイトの無断複製・転写は禁止させて頂いております