肥料

野菜のきょうしつ 肥料の与え方
スポンサードリンク
各クラス紹介
野菜の組(収穫別)
   春〜夏  春〜秋
   夏〜秋
   秋〜冬  秋〜春
   冬〜春
 多季収穫  一年中
 小野菜
果樹の組(収穫別)
 春  春〜夏  春〜秋
   夏〜秋
   秋〜冬
   冬〜春
 多季収穫  
ハーブの組(開花期別)
   春〜夏  春〜秋
   夏〜秋
   秋〜春
 冬  冬〜春
 多季開花  一年中
キノコの組(名前別)
 食用キノコ一覧
前準備・情報の組
 服装・道具の準備手入れ
 土の性質を知ろう
 種蒔きや苗選び
 野菜の3大栄養素
 肥料あれこれ
 日頃の手入れ
 園芸用語いろいろ



肥料の与え方ついて

このページでは、肥料の与え方について紹介します。
基本的な知識を身に付けて適量を効果的に与えるようにしましょう。

私も昔は勉強不足で無駄に肥料を与え過ぎていました・・・。


元肥:野菜を植えつけるときに与える元肥には、有機質肥料を与えるようにするのが
おススメです。有機質肥料は与え過ぎで肥料やけするといった事はなく、緩効性で
じっくり長く効いてくれるので元肥としては最適な肥料です。
ちなみに有機質肥料には、動物性と植物性の2種類があります。


追肥:栄養素が足りない場合や生長期に与える追肥は、その効果がすぐにあらわれて
欲しいので即効性のある化学肥料が向いています。特に液体肥料はすぐに効果がでます。
但しやり過ぎると肥料やけを起こしますので注意が必要です。


元肥の仕方
元肥のやり方で一つは有機質肥料を野菜をつくる場所全体にまいて耕す方法があります。
この方法ですと全体に肥料がよく行き渡るので、葉物の野菜などに向いています。
もう一つの方法に畝を深く掘ってそこに有機質肥料を与える方法があります。
また、ダイコンやゴボウなどの野菜の場合には株と株の間に肥料がくるようにして
肥料に直接触れないように与えます。

追肥の仕方
葉物の野菜の場合は株と株の間に与えるようにして土寄せしてやります。
ナスなどの実が生る、生り物野菜の場合には一番外側に広がっている葉の下付近に
円をかくようにして与えます。

プランターの場合
プランターの場合には、水やりのたびに肥料が流されやすいので、一度にあまり多く
肥料を与えないで何回にも分けて与えるようにします。
一回当たりは少量を与えるようにしましょう。






スポンサードリンク
CopyRight(C) 野菜のきょうしつ All Rights Reserved.
当サイトの無断複製・転写は禁止させて頂いております